メッセージ
パビスタンプは日本の気候風土に似た地中海地方で生まれた建材です。日本の気候風土に非常に適した塗り壁材です。
西洋漆喰パビスタンプホームページへ
Category
Latest Trackback
2008/12/14(Sun)

[住まい] ● こんなに湿気の多い日本なのに、壁面はビニールクロス?

● こんなに湿気の多い日本なのに、壁面はビニールクロス?

シックハウスの一つの原因が、サイデイングやビニールクロスであることは、以前のブログにて説明しています。ビニールクロスの接着剤にも原因がありますが、そもそもの原因は、室内に湿気がこもってしまって、ダニやカビが発生しやすい環境を作っているこのにあります。

昔の住宅は、土壁で、できておりましたので、壁面が湿気を吸ったりして、
調湿してくれておりましたので、カビ、ダニの問題はあまり聞きませんでした。
しかし、戦後は、企業が家を作る事になり、自分たちの利益を確保する為に、建築作業の効率化をはかりました。住まい手の意見や、思いは
無視されてしまいました。その結果、シックハウスが生まれたのです。

日本は、夏場、熱い時に湿気が多い、典型的な高温多湿気候です。
建築設計の基本は、その国の気候内容を、熟知して設計することが基本中の基本です。私は、理解に苦しみます? 日本の今の、工務店、建築会社、設計事務所の知能指数がこの程度なのです。

予算予算と言いますが、一番大事なのは、住まい手の意見、思いを十分聞いて、プロのとして、住みやすい環境とは何かを適切にアドバイスする必要があります。

西洋漆喰 パビスタンプは、高くても材料費、一崚たり、¥1,000位です。塗り厚みも2.5mmくらい塗らないと、調湿効果、吸放湿効果が出ません。日本の漆喰よりも+50%の吸放湿効果があります。
夏場は、クーラーに頼らなくても暮らせる家族もいられます。自分で施工されるお施主さんも御座います。

又、パビスタンプは、大気中の炭酸ガスを吸って硬化してゆきます。人間が吐く炭酸ガスを壁面が吸収することで、室内の空気が浄化されるようです。
特に、寝室おいては、朝、起床するときに、何か森にいるような清清しさを
感じます。アレルギー体質の私は、特に感じます。

パビスタンプを、使ってもらったお施主さんの、意見を生のまま、ブログに
紹介してゆきたいと思います。

宜しくお願い致します。

西洋漆喰 パビスタンプ 日本事務所

→ www.vonsumaine.com


























by vonsumaine | 2008/12/14 08:26:09 | 住まい | comment(0) | trackback(0)
Trackback
TrackbackURL:
http://vonsumaine.com/weblog/index.php?exec=Blog::tb&id=49444cf76ef0f&r=[3 + 0 の答え]

Comment
タイトル
名前
URL
添付ファイル
スパムチェック 3 + 0 =
内容