メッセージ
パビスタンプは日本の気候風土に似た地中海地方で生まれた建材です。日本の気候風土に非常に適した塗り壁材です。
西洋漆喰パビスタンプホームページへ
Category
Latest Trackback
177 件中 131 - 140 件目 << 最初 < 前 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 次 > 最後 >>
2008/12/10(Wed)

■ 住宅政策を変えれば、景気はよくなる!

本来、家作りは職人の仕事である。企業のやる産業ではない。
欧米には、家を建てて儲かるとい発想はない。日本だけが、企業がやっている。株式会社にして一部上場している。株や投資で儲けたとは聞くが、
家を建てて儲けた云えば、あなたは詐欺師のように思われる。日本では家を、商品化して販売している。人間の家を犬小屋のような扱いである?

住まい『建物』を土地と同じように、資産として評価するような『欧米と同じ』すれば、国民も、豊かになれる。住宅にもっとお金をつぎ込む事で資産が増える『欧米では住まいは投資の対象である』。
しかし、我ニッポンは、住まいは消耗品である。老後のなっても資産は増えない?

ここで、住まいを昔のように職人の時代に戻せば、失業問題は有る程度解決する。住宅政策の経済効果は普通の政策の4倍といわれています。
リストラ、リストラされている時代、住宅建築を欧米のように、家内工業、職人のもとに戻せば、住まいの景観、住宅の質、住宅価格の低下、全て解決される。
働く人は、組織に頼らない、一人の技術職として、独立できて、そして、自由に稼げる環境を作ることで、人間として生きがい、趣味、。。。どんどん広がり、犯罪の少ない社会なってゆく。

日本の社会が、あの活気ある江戸時代に戻って欲しいと切望しております。アメリカに見る近代工業社会の終焉と共に、新しい理想的な社会を構築するヒントが、日本の江戸時代にあるように思えます。

江戸の粋な文化、これが人間社会には必要であると思います。





2008/12/07(Sun)

■ 2030年頃には、エネルギ−価格の上昇、資源枯渇など起こる!

東北大学大学院の石田教授によれば、2030年頃には、エネルギー価格の上昇、資源枯渇などにより、従来の延長型テクノロギーでは我々の生活
を便利にする製品の開発や使用が困難になる可能性があると述べておられます。
このようなリスクを回癖するために、自然のメカニズムやシステムを利用して、超低環境負荷・高機能技術を生み出そうとするのが、「ネイチャーテクノロジー」です。
自然は、完璧な循環を最も小さなエネルギーで駆動しています。自然のメカニズムやシステムを生かして、テクノロジーとして利用してゆこうと石田先生は進めておられます。将来、厳しい環境制約が予想されます。

今後の住宅設計においても、低炭素住宅や化石燃料に頼らない自然エネルギーを生かした設計、ネイチャーテクノロジーを生かすべきと考えます。

参考までに。


2008/12/03(Wed)

■ 古くて豊かなイギリスの家 便利で貧しい日本の家。


  はじめにー奇妙な 『 洋風住宅 』に日本の街が変わった

    第一章 なぜ日本人は今、イギリスに憧れるのか?


          土地から生え育つ建物
          招きの家とのぞける家
       ナット・ イン ・マイ・バックヤード考
            セットバックのない国


    第二章 賢すぎる日本の家


          お宅拝見番組の落とし穴
           あふれる食器の理由
          イギリスのキチッチンはセミパブリック
          ドンフォンのないイギリス


    第三章 家具とインテリアの向こう側に見えるもの

          家具と粗大ゴミの関係
        家具を捨てるアメリカ人と日本人の共通項
        イギリス人が南向きに執着しない理由
        なぜイギリスの照明はあんなに暗いのか


    第四章 こうも違う築年数と家の価値

        日本の家、 10年で価値ゼロの理論
    日本の家が消耗品であり続けるもう一つの理由


    第五章 何が日本の家を醜悪にしたか

  
       部材にこだわらない日本
      洋風住宅に松の木のある庭
     住宅産業のスペシャリストは、何を売るのか
     物言えぬ施主と 物知らぬ業者


    第六章 家を手に入れたらそれでいいのか

        それでも買い続ける物がほしい! 
      水圧の低いシャワーを使い続けるイギリス人
      イギリス式DIYは 究極の家つくり


   第七章   どてもおかしな日本の家族と家の関係



       セックスができる家、できない家
      なぜ机がないイギリスの子供の部屋
        犯罪の生まれる住まい
         鍵っ子の やすらぐ家




   。。。。 イギリス在住の日本の方から


     



























   


2008/11/29(Sat)

■高温多湿気候の日本にあったエコロジー塗り壁材 パビスタンプ。


パビスタンプは、石灰、大理石粉を主成分とした、独創的で安全な天然無機質系の西洋漆喰です。

成分 (石灰粉、大理石粉、骨材、疑集剤、保湿剤、防水剤、繊維質素材、無機の換気剤、塑造剤、色素 )・高い吸放湿機能

1)パビスタンプ  平均吸放湿量 125g/m2  平均放湿量 119/m2 

2)他社の漆喰 平均吸放湿量 81.8g/m2  平均放湿量 68.2g/m2   
3)ビニルクロス 平均吸放湿量 14.6g/m2  平均放湿量 5.0g/m2  
4)珪藻土    平均吸放湿量 82.0g/m2 


試験方法: JIS A 6909 吸放湿性試験方法に準じる。

試験場所: 福岡県工業試験場 「福岡県筑紫野市」 

試験期間: 平成19年10月12〜19日


●クーラーに頼らない家作り、低炭素社会を目指して。

西洋漆喰パビスタンプは、上記のデ−ター証明されているように、室内の湿気を除湿してくれますので、梅雨時は特に過ごしやすいものです。普通の日本の漆喰よりも、+50%も吸放湿性能が高く、驚く程に、室内が快適です。亜熱帯気候の沖縄では、たいへん喜ばれております。

※価格も安価です。

●材料単価:1崚たり¥1000〜1200位です。

●塗り厚みは2.3〜3mm位塗ります。






















2008/11/27(Thu)

昨日、ある工務店の社長さんと住宅の将来のことで雑談しておりましたら、
突然、もうアメリカに学ぶことは、何一つなかばい?。。。と話しておられました。 私も、同感です。

アメリカから、インテリジェンスだとか、フェロソヒィ『哲学』的なものは、何にも感じません。自由 自由 自由、金 金 金 ? 歴史の浅い国というものは、こんなもんですかね。 もっと人生の深みや、人間としての尊厳、人間愛、思いやり、お釈迦さんの国、日本は昔から、このような事は大事にしてきました。しかし、前後のアメリカによる支配によって、如何わしい民主主義?アメリカによるエネルギー支配、教育を破壊する、PTA,日教組、、アメリカ製品を売るための農協『化学肥料』、樹脂製品を売るための大麻の
栽培禁止、今でも、アメリカの支配は続いています。

日本は、古来からの自然崇拝(アミニズム)とインドからやって来た仏教がうまく融合した社会です。ほんとうに素晴らしい国です。こんな国は、他に
ないと思いますよ。
将来、日本人の価値観、人生観、世界観をもっと世界に広めるべきと思います。寛容な精神こそ大事です。ローマ帝国が一時期繁栄した訳は、寛容(クレメンテイア)な精神にあったと云われています。

日本人は、どんなにお金持ちになっても、そこそこの家に住み、余ったお金はどんどん寄付をする。あるTV番組で、『カンボデイアに学校を作ろう』がありました。素晴らしい企画です。私も参加したいですね。絵画を買うお金は有りませんが、せめて、寄付くらいはしたいです。

それに比べて、アメリカのお金持ちは、会社が倒産しても何十億の資産を
所有する、アメリカでは、お金持ちには寄付が義務付けられていることは
知っていますが、アメリカは、あまりにも所得格差が酷い!我々日本人とは、全く価値観が違う?

今日、インドのムンダイでおきた高級ホテルでの爆破事件、このムンバイでは、日本政府が協力して大きなプロジェクトを進めている最中の出来事。
この事件の裏側には、黄色人種の日本人をよく思わないアングロサクソン
の野望があると感じました。情報操作された日本では聞こえてこない、
何かを感じました。 北朝鮮の拉致問題が解決されない大きな理由が今度の、ムンバイの事件で見えてくるようです。
第二次世界大戦の本当の理由は、日本潰しが目的であったことを、どれだけの日本国民が知っているだろうか? 

そして、戦前、国を思い、日本人の将来を思って無くなった軍人の中にも素晴らしいエリートがいたことを知っているだろうか。しかし、戦後アメリカの政策でエリート官僚は作らなかった。 

最近上映された、(私は貝になりたい)中にアメリカの本音が隠されているようです。

では失礼します。



















2008/11/25(Tue)

■ アレルギーについて一言。

私自身も、体質的に、アレルギーがひどく、買ったばかりの新しい化繊のシャツを着た際には、首周りが炎症したりします。又、仕事で、都会の安いビジネスホテルに宿泊した際には、頭痛で十分就寝できないことがあります。

子供の頃には、あれほどスギ花粉を浴びて育ったにも関わらず、春先になるといつも花粉症で苦しんでおります。こんな事情から、アレルギー症状の
ことは少しは理解できます。

最近、化学物質過敏症、食物アレルギー、電磁波過敏症、昔では考えれ、ない事がおきていますよ。 私なりに行政の批判も含めて一報申し上げます。

1)電磁波過敏症 − 永く電磁波を浴びていると、ある時その限界を超えたときに、電磁波過敏症になるようです。

ヨーロッパでは、子供の携帯電話は使用禁止されております。又、IH調理器具も使われておりません。特に妊婦さんには問題があるようです。しかし、日本では、規制はなく、どんどん普及しております。大いに問題ありです。

2)食物アレルギー − ヨーロッパでは、食物、食品のトレースビリテイ『透明性』が完全に確立されておりますので、安心かと思います。しかし、日本では、たいへん問題が多いと思います。 私の住んでいる熊本は、養豚、
酪農家が多く、その実態を知っているものとして恐ろしくも思います。

例えば、豚の場合、生産効率を上げる為に、成長ホルモンを餌に与えていますし、病気予防に為に、抗生物質をかなり混ぜているようです。豚の場合は特に、ガンが発症する直前、又、その後で出荷しているようです。しかし、熊本でも、抗生物質を使っていない、素晴らしい養豚家も存在します。

酪農家の場合も、牛乳の生産効率を増す為に、かなりホルモン剤を混ぜているようです。私個人、牛乳は飲みません。本当の牛乳はあんなに日持ちするでしょうか? 又、日本のヨーグルトも本物ではないと、北九州の獣医師さんから聞きました。 マヨネーズもあの価格では、本当に鶏卵が入っているのでしょうか?問題が残ります?
私個人は、毎朝スキムミルクを飲んでおります。ヨーロッパは、かなり種類がありますが日本はたいへん少ないですね。

化学物質過敏症 ー 最近この化学物質に対するアレルギーの方も増えています。私もその一人かもしれません。住宅の場合、特にビニールクロスの接着剤に問題があるようです。又、住宅の中に持ち込まれる家具や衣類にも問題があると思います。

そして、日本は高温多湿気候です、こんなに湿気の多い国でありながら、壁面が呼吸しないビニールクロスやサイデングにも問題があります。室内の空気が常に湿った状態では、ダニやカビが発生する条件にたいへん合っています。ダニやカビを吸って、アレルギーになる方も多いのではないかと思います。

私どもの西洋漆喰 パビスタンプが普及している原因の一つに、壁面が湿気を吸ってくれて住みやすい環境を作ってくれると思っております。最近の化学物質過敏症の方でパビスタンプを新築に塗られた方の中に、樹脂製のユニットバスに入ると頭痛がするが、パビスタンプの部屋に入ると、たいへんに体が楽になると、評価して貰っています。私どもはアレルギーの専門家では御座いませんが、お客様に評価されて感謝しております。

日本とヨーロッパ、気候も医療制度も全くちがう国ですが、ヨーロッパの方が国民の方を見ていると思います。日本政府は本当に、国民の幸せを望んでいるんでしょうか? 何か、製薬会社、お医者様の為に政治が行われてような気がします。

最近TVで、ビートたけしの番組だった思います。 〔 鬱(うつ)は薬で完全に治る 〕と言っていた医者がいましたよ? 心の病が薬で治る?。。こんな
簡単なことではないと思います。

最近読んだ、鬱について書いてあった、作家の五木さんの文章の中には、薬で治る 。。こんな事は書いてなかったなぁ〜。 マスメデイアによって情報操作されている、今の世の方が、よっぽど怖いですね。 

昔の映画に、good night good luck がありました。この映画に
答えがあるようです。

では、失礼します。



























2008/11/24(Mon)

■ カナダでは歯の矯正治療は無料です。

カナダでは、政府が歯の矯正治療費用を無料で負担している為に、虫歯治療がたいへん少ないとの事です。ヨーロッパでも医療費は全て無料である。
知人によると日本は、歯科医が世界の中で一番多いとのことです。たいへん驚きです。
カナダのように、政府が歯の矯正費用を負担してくれれば、将来の治療費用負担も少なくてすみ、健康に生活できるのではないでしょうか。肝心なことろに、税金を投入してくれるカナダがうら羨ましいものです。

それに比べて、日本は、医者が儲かる制度になっており異常な国のようです。まさに、地獄の沙汰も金次第です。

私の街も、コンビニと同じくらい歯医者さんがいますよ。どこも儲かっているようで、自宅には、高級乗用車がずらり!

人の命がビジネスになる? それに、タミフルの消費量の70%以上が日本で消費されている? どこもここも可笑しな国ニッポンです。


2008/11/22(Sat)

左官屋様 各位



■ 左官職人のネットワーク募集中


将来、住宅建築の方向性として、職人主役の時代になってゆくと期待しております。
そこで、日本も欧米と同じように、職人が主役の建築の時代を作ってゆくべきではないか思いまして
メールにて一報申し上げております。

最近、施主様から直接に材料を注文されるケースがだんだん増えてまいりました。特に、マンションの内装リフォームや、ビニールクロスを剥いで、
又は、その上からパビスタンプ施工される方からの依頼が多くなってきました。
そこで、各地域で信頼のおける左官屋さんを、ご紹介するシステムを作ってゆきたいと検討中しております。

尚、施主さまとの施工費用の決済は直接お願いしております。契約金、登録料は要りませんが、登録上、審査が必要です。
ホームページ上に顔写真と連絡先、電話番号等掲載されます。

ご参加される方は、ご一報下さい。

西洋漆喰 パビスタンプ 日本事務所


image_6010bd23b71af


■ 日本の漆喰と西洋漆喰パビスタンプの違いについて説明いたします。

日本の漆喰も、西洋漆喰パビスタンプも主成分である石灰に変わりはありませんが、大きな違いは次のようになります。

1) 日本の漆喰

  ・ 日本の漆喰はあまり厚く塗れません→ 塗り厚みは2〜3mm位。
  ・ 壁面の強度 → 塗り厚みが薄いために強度があまりありません。
    そもそも漆喰の歴史は、土壁を風雨から守る為に、漆喰を塗ることで    外壁を保護する為にありました。
  ・ 塗り厚みが薄い為に、断熱効果はないと思います。昔の漆喰は
    下地が、分厚い土壁で、できておりかなり保温効果があったと思
    います。
                   
             
2) 西洋漆喰パビスタンプ

   ・ パビスタンプはかなり厚く塗れます→ 〜50mm位。
   ・ ガンによる吹き付けも可能です。
   ・ 壁面の強度 → 塗り厚みが厚い為に、強度は十分あります。
     10年位経過すれば石のようにかなり硬化します。
   ・ 冬は蓄熱効果、夏は放熱効果があり、冬暖かく、夏涼しい理想の
     塗り壁材です。
   ・ 室内にあっては、かなり調湿効果、吸放湿効果があり、夏場ほとん     ど、クーラーに頼らない家庭が増えております。吸放湿性能は日      本の漆喰に比べて+50%御座います。


以上参考にして下さい。

西洋漆喰 パビスタンプ 日本事務所











■ パビスタンプ壁は、室内を涼しくする (沖縄にて実証される)。


沖縄は梅雨も開け、本格的な夏に向けてだんだんと外気温が上昇してきているようです。

そこで、今日、ボンスマイネ沖縄より、パビスタンプについての朗報が入ってまいりましたので、ここに連絡申し上げます。

沖縄のほとんどの建物は、RC構造であり、壁面の被服には、樹脂系のペイント塗り 又は、樹脂系のリシン吹き付けが主流のようです。 沖縄で初めて、西洋漆喰 パビスタンプを使った住宅が、昨年暮れに建設されました。

建物は、RC構造 (外壁− パビスタンプ−R吹き付け仕上げ+ 内装−パビスタンプR/F塗り仕上げ)です。


コンクリート壁のままだと、太陽の熱を、一日中吸収し蓄熱する方向に向かい、夜になっても、蓄熱された太陽の熱は、中々冷えなく

室内には、そのまま熱がこもります。

しかし、西洋漆喰 パビスタンプを、RC外壁の上に、直接8mm位吹き付けた, この建物は(沖縄初)、太陽の熱を蓄熱することなく、

夜になったら、室内が涼しいと大評判です。以前、パビスタンプ壁の特徴についてご説明したかと思いますが、真夏のように外気温が高いときは放熱し、冬のように低いときは、蓄熱する構造になっております。

実際、亜熱帯気候の沖縄にて、パビスタンプの良さが実証されたことは、たいへん喜ばしい事です。

以上連絡申しあげます。

西洋漆喰 パビスタンプ 日本事務所

→ www.vonsumaine.com


177 件中 131 - 140 件目 << 最初 < 前 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 次 > 最後 >>